紫月のじぶん教室

自分で自分を開発していく自己啓発のブログです。作家になることを目標に体験記を書いています。

作家

「納得!やっぱレーザープリンターは作家の必需品」小説執筆14週目 じぶん作家養成教室

自家用レーザープリンターを初導入した感動と、紙での校正時に感じたことについて書いています。

「穴ばっかりで不安増大……初めての校正作業」小説執筆13週目 じぶん作家養成教室

第一稿終了後、初めて全体を読み返して校正を始めたときに分かったことを書いています。

「第一稿終了間近!校正に向けて準備したこと」小説執筆12週目 じぶん作家養成教室

第一稿終了後の校正作業開始に備えて、設備と心の準備でしたことを書いています。

「自分の気持ちに素直に書く」小説執筆11週目 じぶん作家養成教室

作家になるためには何が大事なのか、自分の意見を発信する大切さについて考えています。

「男目線と女目線、どっちで書いたら楽しいのか」小説執筆10週目 じぶん作家養成教室

小説を書く上での視点の取り方について考えています。

「1人称を3人称に直してみる」小説執筆9週目 じぶん作家養成教室

1人称で書いた短編小説を3人称に直す過程で気づいたことについて書いています

「辛い場面を書いた日も元気に過ごすために試したいこと」小説執筆8週目 じぶん作家養成教室

ヘビーな場面を書いたあとの自分のアフターケアについて書いています。

「脳内の妄想を緻密に描く!」小説執筆7週目 じぶん作家養成教室

書きたいことを楽しく分かりやすく書くこと、心情描写の難しさについて考えています。

「書く時間を死守しながら、寄り道を許容する柔軟さを!」小説執筆6週目 じぶん作家養成教室

執筆時間と寄り道時間について考え、計画のあり方について書いています。

「緻密な違いをよく見て、感情表現を豊かに書く」小説執筆5週目 じぶん作家養成教室

感情表現の語彙力の少なさを補うためにできることについて、考えています。

「何のために書くのかを意識する」小説執筆4週目 じぶん作家養成教室

何のために書くのかを意識して書くために、やったこと、やろうと思ったことについて書いています。

「かったるいときの書き進め方」小説執筆3週目 じぶん作家養成教室

体調不良時と退屈な場面を書く時の心構えについて考えています。

「調べ物をしているのか書いているのかわかんない!」小説執筆2週目 じぶん作家養成教室

調べ物をしていて中々執筆が進まないジレンマについて書いています。

「3人称で書くって、なんかムズイ!」小説執筆1週目 じぶん作家養成教室

小説執筆1週間目に見つけた課題とその解決策について書いています。

「本のデザインって大事!綺麗なお花や自然の写真がいっぱいな本って素敵♪」読書力養成教室&じぶん作家養成教室

『女がめざめる暮らし方 31レシピ』を読んで、なりたい女性のありかたと、本のデザインのありかたについて書いています。

「AI作家が跋扈する前に、作家デビューしよう!」読書力養成教室&じぶん作家養成教室

『コンピュータが小説を書く日 AI作家に「賞」は取れるか』を読んで、自分にしか書けない作品を書ける作家になろうと意気込みを書いています。

「趣味、妄想。にもっと自信を持つ!」読書力養成教室&じぶん作家養成教室

『面白い!を生み出す妄想術 だから僕は、ググらない。』を読んで、自分の妄想力向上と、執筆活動開始について、意気込みを書いています。

「あなたはインプットしきったと思ってから書きたい派?」じぶん私発見教室【2020年12月の目標】

2020年12月の目標を考えながら、長編小説を書く前にしっかり準備をする派でいく決意をしています。

「初めての投稿採用!投稿生活の意義」じぶん作家養成教室

投稿に初めて採用されたときの気持ちと、投稿生活の利点について話しています。

「『公募ガイド』のススメ!」じぶん作家養成教室

新たな創作ジャンルの提示と、創作意欲を掻き立ててくれた『公募ガイド』の魅力を紹介しています。

「FFS診断宇宙兄弟バージョンで、ベティ・レインになりました!」じぶん私発見教室

FFS診断をして感じたこと、これからの創作活動に生かせそうだと思ったことについて書いています。

「パソコン周辺三種の神器で、手首の痛みが治まりました!」じぶん作家養成教室【執筆環境編】

タイピングによる腱鞘炎を改善してくれたキーボード、リストレスト、パソコンスタンドについて書いています。

「資格取得と小説創作、両立できる?」じぶん作家養成教室【参考書紹介編7】

資格取得をしてスキルを磨きながら、小説を書き進める道もあると気づかせてくれた、小説家業界の指南本を紹介しています。

「なかなか執筆できない焦りにどう向き合う?」じぶん作家養成教室【執筆準備編】

小説の原稿執筆に移れない焦りをどうとらえるか、解決策について考えています。

「プロの作品の書き写しから、何がわかる?」じぶん作家養成教室【トレーニング編】

プロの作品をパソコンに打ち込む作業をする中で、どのような書き方をしているのか発見したことについて、紹介しています。

「怖いけど、作品の講評は、気づきの宝庫!」じぶん作家養成教室【校正編】

処女作を家族に読んでもらった際に、気がついたことと、これからやりたいことについて、書いています。

「やっぱり、新人賞を獲って、作家になりたい!」じぶん作家養成教室【参考書紹介編6】

作家の新人賞を獲る方法を書いた本を紹介しながら、作家になるための、今後の方向性、決意について書いています。

「一作目の校正と二作目ができました!」じぶん作家養成教室【執筆編】

1作目の校正をしていて気付いたこと、他の人に作品を読んでもらう前の気持ち、小説を書き始めて変わった日常について話しています。

「終戦の日と夏と私」じぶん作家養成教室【恩人本探求編3】

小学生の頃に読んだ戦争の本が、私に与えた衝撃を思い返し、これからどう生きていくか、考察しています。

「日本の戦争と夏と私」じぶん作家養成教室【恩人本探求編2】

小学生の頃に読んだ、太平洋戦争の本を振り返り、それらが私にどんな影響を与え、毎年の夏をどう感じているのかについて書いています。